人間観察 人間関係 外見心理学 恋愛心理学

赤色の服を着ている女性は話しかけられやすい(外見心理学)

 

赤色の服を着ている女性は

話しかけられやすいということ

について、解説していきます。

(外見心理学)

 

男性の本能にとって、

赤色は、とても刺激的で、

性的興奮を増す色であります。

 

なぜなら、男性の本能は、

赤色から、女性の生殖器や血液を

連想するからです。

 

そのため、赤色の服を着ている

女性を見ると、性的な魅力を感じて、

ついついアタックしたくなり、

話しかけてしまうのです。

 

口紅の赤さも同様の心理効果を

引き起こします。

 

また、赤い服を着ていると、

積極的で活発、エネルギッシュ、

情熱的で活動的な性格と

周囲から思われます。

 

カルメンを踊る赤いドレスの女性を

イメージされると分かりやすいかと

思います。

 

そのため、男性達は、

赤い服を着た女性には、

気軽に話しかけたくなるのです。

 

実際、赤色を見ると、

人間の交感神経が刺激され、

血圧も上がることが

数々の実験で確認されています。

 

したがいまして、男性から

多く話しかけられてたくさん

アタックしてもらいたい女性

であれば、どんどん赤い服を

着て外出すると良いのですね。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間観察, 人間関係, 外見心理学, 恋愛心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5