代償の法則 生き方 目標達成 行動規範 鏡の法則

人生においては近道が遠回りになり遠回りが近道になる

 

人生においては、

近道が遠回りになり

遠回りが近道になると

いうことについて

解説していきます。

 

人生におきましては、

近道に見えた方向に進んだのに、

かえって遠回りになって

しまうことが多いです。

 

逆に、遠回りと考えていた

方向に進むと、実は近道だったり

することも多いです。

 

ですから、あえて遠回りと

思える方向、大変な努力が

必要な方向に進むのが

良いでしょう。

なぜなら、この世界には

代償の法則が流れている

からです。

 

何かを得るためには、

何かを代償として

差し出さないといけません。

 

したがいまして、大変な道、

苦労の多い道、努力が

必要な道を行く方が、

順番的にも、その後、

楽になっていくので、

おすすめとなります。

 

逆に、先に楽な方に進もう

としますと、後で、それに

見合った苦難が待ち受けています。

 

なぜなら、この世界には

代償の法則が流れていて、

何かを得るためには、必ず

それに見合った代償を

要求されるからです。

 

人生においては、禍福は

半分半分です。

 

つらさ楽しさも

半分半分です。

 

楽ばかりしようとすると、

それに見合った苦難を

引き寄せます。

 

ですから、楽をするために、

先に、苦難を引き受け努力していく

姿勢を持つことが、人生を

うまく乗り切るコツとなります。

 

学生の頃の夏休みが例として

分かりやすいかもしれません。

 

先につらくても宿題を

済ませておくと、あとは

楽しく遊びまくれます。

 

しかし、宿題を済ませずに

放置しておりますと、

夏休みの終わりに泣きをみる

ことになります。

 

いずれにしましても、

先に苦労して代償を支払って

おけば、あとあと楽な人生を

享受できますよという

お話でした。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-代償の法則, 生き方, 目標達成, 行動規範, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5