問題解決 心理学 生き方 病気と健康 瞑想と内観 鏡の法則

「私は満ち足りている」とイメージして、うつな気分を解消する(心の健康と鏡の法則)

 

「私は満ち足りている」とイメージして、

うつな気分を解消するということに

ついて、解説していきます。

(心の健康と鏡の法則)

 

重く沈み、ブルーな気持ちになり、

不安や心配ばかり渦巻いて、

うつな気分になりますと、

非常につらいですよね。

 

また、その気分にひとたび陥りますと、

なかなかそこから脱出することが

できません。

 

やる気もなくなり、

体も重くなりますから、

がんばることができなくなります。

 

そして、気持ちがふさいで、

自分を責める思考ばかりが

湧いてくるのです。

 

このようなとき、ぜひ、

試していただきたいのが、

「私は、とても満ち足りている」

とイメージすることです。

 

人間には、想像力と創造力が

与えられておりますから、

どんなに落ち込んでいる状況でも、

どんなに体が動かない状況でも、

イメージすることはできます。

 

そこで、

「私は、とても満ち足りている」と考え、

満ち足りているイメージを頭の中に

めぐらせるのです。

 

すぐにはできるようにならない

かもしれませんが、時間は

たっぷりあります。

 

クヨクヨして何も行動しない

長い時間を過ごすよりも、

そのたっぷりある時間を使って、

「私は、とても満ち足りている」と考え、

満ち足りているイメージを頭の中に

めぐらせるのです。

 

できるだけ、映像化してください。

頭の中で、イメージを創って

いくのです。

 

たとえ、現実がどんなに

悲惨な状況にあっても、

頭の中では、自分の自由に

想像できます。

 

ですから、好き勝手に

想像すればいいのです。

 

全てが満ち足りた状態、

食べる物も着る物も、

お金も愛情もたくさんあって、

健康と元気に満ち溢れ、

楽しくて仕方がない生活を

妄想するといいのです。

 

たっぷり時間をかければ、

誰でも、満ち足りたイメージを

空想できます。

 

うつな気分でいるより、

一日中、楽しい妄想に

耽っていた方が何百倍も何千倍も

いいことなのです。

 

そして、あれやこれやと

空想していくうちに、何だか、

楽しくなってきて、うつな気分は

吹き飛んでいってしまうのです。

 

その時には、心の中は、

楽しみと充足で満ち足りており、

とっても気分が良くなっています。

 

このような時間は、

とても楽しいものであり、

ただの空想ですが、満ち足りた

気分でいられるのです。

 

しかも、ここで重要なことは、

この世界には、鏡の法則が

流れている点です。

 

そのため、心の中に想い描く

ことができたイメージは、

本当になり、実現するのです。

 

したがいまして、どんどん

自分の好き勝手な楽しい空想を

した者勝ちということなのです。

 

世の成功者達は、ひとり残らず

みんな、成功と豊かさを夢見て、

空想しながら生きてきました。

 

そのため、その空想が、

現実化したのです。

 

ですから、うつな気分で

落ち込んでいるくらいなら、

思いっきり、満ち足りた

イメージを空想しまくる方が

いいのです。

 

もし、満ち足りたイメージを

いつも空想することができる

ようになれば、遅かれ早かれ、

うつな気分や、うつ状態は、

やってこなくなります。

 

そればかりか、

とてもラッキーなこと、

楽しいことがたくさん起きる

ようになりますし、

やる気も芽生え、何にでも

チャレンジしたくなり、

本当に人生に成功できる

ようになっていくのです。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-問題解決, 心理学, 生き方, 病気と健康, 瞑想と内観, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5