人間関係 恋愛心理学 男性と女性 運命と人生 魂の成長

恋愛の別れの辛さや痛みの回復には約1割の時間が必要(恋愛心理学)

 

恋愛の別れの辛さや痛みの回復には

約1割の時間が必要ということ

について、解説していきます。

(恋愛心理学)

 

恋愛のパートナーと別れて

失恋いたしましたら、

心に強い痛みと辛さを残します。

 

愛していればいるほど、

その痛みは強いものとなります。

 

逆に、愛していなかったならば、

面倒なことがなくなり、

荷物を下ろすことができた

解放感の方が強いかもしれません。

 

それでも、失恋の痛みは、

多かれ少なかれ発生します。

 

では、この失恋の痛みや辛さは、

どれくらいの期間で回復できる

のでしょうか。

 

もちろん、個人差がありますし、

どれだけ深く愛していたかにも

左右されますから、一概には

言えないところがあります。

 

しかしながら、パートナーと

一緒に過ごした時間の約1割の時間が

失恋の回復に必要であると

言われております。

 

10ヶ月、つきあってきたのなら、

約1ヶ月の回復期間が必要で、

30ヶ月、つきあってきたのなら、

約3ヶ月の回復期間が必要と

いうことです。

 

ただし、恋愛は特に個人差が

大きいですから、あくまでも

目安としてお考えください。

 

そして、ここで理解して

いただきたいのは、失恋の痛みも

いつかは必ず癒えて、消えていく

ということであります。

 

失恋をしますと、あまりに胸が痛み、

つらい気持ちになりまして、

非常に惨めな心理状態になります。

 

また、その苦しみが、未来永劫、

ずっと続くのではないかと

感じるほどです。

 

しかしながら、1ヶ月~3ヶ月すれば

自然と回復していくということを

覚えておいてください。

 

でも、自分で失恋にこだわり続けたり

自分を責め続けたりしますと、

いつまで経っても回復できない場合が

あります。

 

ですから、クヨクヨと失恋に

こだわっていてはいけないのです。

 

特に、「あの時、こう言えばよかった」

「どうして、私はあんなことして

しまったんだろう」などと

自分を責め続けるのはよくありません。

 

そのように自分を責め続けると、

なかなか失恋の痛みからは

回復できないのです。

 

そうではなくて、失恋して

しまったら自分の言動を反省する

のは大切ですが、今後、

気をつけないといけないことが

まとまりましたら、もう、

自分を責め続けることは

止めてください。

 

そして、痛みがかなり癒えて、

前向きな心が少しでも湧いてきたら、

新たな恋を探し始めると

良いでしょう。

 

もう、恋愛なんてしないと

覚悟などしてしまうと、

失恋の痛みからの回復が遅れます。

 

逆に、今回の失恋は仕方がない、

次の新しい恋を探そうと、

前向きに気持ちを切り替える方が、

失恋からの復活は早まるのです。

 

この世界には、80億人もの人がいて、

その半分くらい、約40億人くらいが

異性であります。

 

新しい恋の可能性は、

まだまだあるのですから、

気を落とさないで、

次の恋を探し始めましょう。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 恋愛心理学, 男性と女性, 運命と人生, 魂の成長

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5