生き方 成功哲学 運命と人生 才能強化と右脳開発

できるできないで人生の方向を決めるのは賢明ではない(生き方と成功哲学、才能強化)

 

できるできないで

人生の方向を決めるのは

賢明ではないということ

について、解説していきます。

(生き方と成功哲学、才能強化)

 

できないから諦めるという人が、

結構、多いですよね。

 

しかし、できないから諦めるのは

実は、合理的ではありません。

 

なぜなら、人間の能力は、

ほんの数%しか使っていない

からです。

 

情熱と努力を傾注すれば、

基本的には、何でもできるように

なるからです。

 

それに、最初はできないのは

当たり前です。

 

繰り返し何度も何度も練習して、

努力を継続して初めて、

徐々にできるようになって

くるのです。

 

たとえば、水泳を始めようと

したとします。

 

最初は、泳ぐどころか、

浮いているだけでも難しいです。

 

ここで、できないから諦めると

言ってしまいましたら、

そこで全てが終了してしまうのです。

 

そうではなくて、良いコーチに

見てもらいながら、何度も何度も

繰り返し失敗し、練習し、

努力し続けると、何日も何週間も

経過したある日、泳げるようになる

ということです。

 

したがいまして、

ちょっぴり試しただけで、

できないから諦めるという

考え方は、可能性を潰して

しまう考え方であると

いうことです。

 

できるできないで

人生の方向を決めるのは

賢明ではありません。

 

そうではなくて、

できなくても、ワクワクする事を、

まずは全てやってみるべきです。

 

好きなことは、

繰り返しやってしまいますから、

自然とできるようになります。

 

できるようになれば、

その道を極めて、使命や天命にまで

持っていく事ができます。

 

逆に、できないから諦めていては、

使命や天命に到達するまでに、

大きく遠回りしてしまう事に

なるのです。

 

以上、できるできないで

人生の方向を決めるのは

賢明ではないという

お話でした。

 

 

-生き方, 成功哲学, 運命と人生, 才能強化と右脳開発

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5