鏡の法則 カルマの法則 因果の法則 因果応報 人間関係

やり返すと反撃のカルマを積んでしまう(鏡の法則、因果の法則)

やり返すと反撃のカルマを

積んでしまうということに

ついて、解説していきます。

(鏡の法則、因果の法則)

 

人間関係において、やたらに

嫌がらせをしてくる人が

いますよね。

 

人間社会には、色んな個性を

持った人たおりますし、

理解力のない人、攻撃ばかり

してくる人など、さまざまです。

 

そのため、中には、

嫌がらせをしてくる人も

いるのです。

 

嫌がらせの中身も、

それこそ様々で、色々と

妨害してくることもあれば、

無視してきたり、

暴言を吐いてきたりなど、

色々です。

 

そうなると、ついつい

やり返してしまいがちに

なります。

 

しかし、やり返すと

反撃のカルマを積んで

しまいます。

 

ですから、闇雲に

やり返してしまうのは、

考えものなのです。

 

鏡の法則、因果の法則、

カルマの法則の作用により、

他者に対して行った事が、

後で必ず自分に返って来る

のですが、やり返すと、

後で自分もやり返されると

いうことです。

 

やり返したことにより、

次は自分がやり返される

マイナスエネルギーが

蓄積されるのですが、

それがカルマと呼ばれる

ものです。

 

結局、反撃してしまうと、

反撃のカルマを積んでしまう

という事です。

 

反撃のカルマを積んでしまうと

どうなるかと言いますと、

後で必ず自分も同じ攻撃に

遭遇するということなのです。

 

たとえば、嫌がらせをされて、

カチンと来て、怒鳴り返した

とします。

 

すると、怒鳴ったという

カルマを積んでしまいます。

 

その結果、後で必ず、

誰かから怒鳴られるということ

になるのです。

 

かと言って、やり返さないと

舐められてしまいます。

 

そこで、後で反撃のカルマが

自分に返ってきても、

難なく耐えられるくらいの強度で

やり返すことをオススメします。

適度な反撃戦略です。

 

どういうことかと言いますと、

できるだけ軽度の反撃で済ませる

のがコツということです。

 

軽度の反撃で、

大きな心理効果をもたらす

ことができれば、ベストです。

 

もし、嫌がらせを受けたからと

言って、相手を殴ってしまうと、

後で自分に返ってきて殴られます。

 

殴られるのは、

かなりダメージが大きいので、

やめたほうがいいです。

 

たとえば、怒鳴り返すだけで

あれば、返って来るのは、

怒鳴られることだけです。

 

怒鳴られるくらいなら

耐えられるという人は、

嫌がらせを受けた時、

怒鳴り返せばいいのですね。

 

後で自分も誰かに怒鳴られますが、

それはすでに想定内と腹をくくれる

のであれば、それでいいのです。

 

しかし、中には、怒鳴られるのも

嫌という人がいますが、その場合は、

もう少し軽度な反撃にした方が

いいでしょう。

 

怒鳴るよりも軽度と言いましたら、

文句を言ったり、上司とか有力な人に

言いつけるとかですね。

 

相手が暴力を振るってきたら、

警察に通報するのも良いでしょう。

 

そうすると、後で自分に

返って来るのは、文句を言われたり、

誰かに言いつけられたりする

だけなので、殴ったり怒鳴ったり

されるよりは楽です。

 

このように、自分に後で

返ってきた時に耐えられる

限度内で、やり返せばいいのです。

 

鏡の法則、因果の法則、

カルマの法則の作用により、

後で必ず自分に返って来ると

いうことを、先に織り込んで

おくのです。

 

これが、反撃のコツと

言えましょう。

 

ただし、鏡の法則、因果の法則、

カルマの法則をしっかりと理解

していきますと、反撃すら

無駄なものに見えてきます。

 

なぜなら、嫌がらせをした

相手こそ、後でそのカルマに

苦しめられる結果となる事が

予想できるからです。

 

嫌がらせする事で、

自分自身が嫌がらせされる

という天の制裁にあうと

いうことです。

 

ですから、鏡の法則、

因果の法則、カルマの法則を

深く理解している人は、

次第に、反撃すらしなくなります。

 

なぜなら、反撃や制裁は、

天に任せておいた方が

効率が良いからです。

 

わざわざ反撃して、

余計なカルマを積むのが、

面倒になってくるということ

であります。

 

さらに、鏡の法則、因果の法則、

カルマの法則にのっとって

生きておりましたら、そもそも

嫌がらせなど、されなくなります。

 

嫌がらせのカルマがないので、

嫌がらせなどされないと

いうことです。

 

以上、やり返すと

反撃のカルマを積んでしまう

というお話でした。

 

 

スポンサーリンク

-鏡の法則, カルマの法則, 因果の法則, 因果応報, 人間関係

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5