問題解決 心理療法 病気と健康 臨床心理学

自律訓練法とはどのようなものか(心理療法)

 

自律訓練法とはどのようなものか、

解説していきます。(心理療法)

 

自律訓練法とは、1932年に

ドイツの精神科医シュルツによって

創始された自己催眠法であり、

ストレスを緩和させたり、

心身症や神経症などに効果があると

言われています。

 

特に、パニック障害には、

とても効果があります。

 

自律訓練法におきましては、

静かな部屋で、寝そべるか

座るかしまして、まずは、

気持ちがとても落ち着いていると

自己暗示をかけます。

 

そして、次の順番に、心の中で唱えて、

自分に暗示をかけます。

 

訓練を積むに従って、

本当にそのように感じるように

なります。

 

●自律訓練法の実施手順

(1)手足が重い。

(2)手足が温かい。

(3)心臓が静かに打っている。

(4)呼吸が楽になっている。

(5)お腹が温かい。

(6)額が涼しい。

 

そうしますと、自己催眠状態に

なっていき、とてもリラックスした

状態に入ることができます。

 

よく、テレビで、催眠術師が

催眠術をかける時に、

「あなたは眠くなーる、眠くなーる」

と暗示をかけていますが、

あれと似たようなイメージです。

 

なお、自律訓練法をおこなった後、

そのまま普段の生活に戻ろうとすると、

時々、めまいがしたり、

力が抜けたりします。

 

一種の催眠状態に入っていたので、

急には戻れないからです。

 

したがいまして、

自律訓練法を終えるときは、

消去動作と呼ばれる方法で、

心身を日常の状態に戻して

あげてください。

 

では、どのように消去動作を

おこなうのかと言いますと、

下記の順序にて、おこなっていきます。

 

●消去動作

(1)両手の開閉運動

(2)両肘の屈伸運動

(3)大きく背のび

(4)深呼吸

 

上記4つの順番に進めることで、

最後の深呼吸をおこなう時点で、

日常の心身状態に戻ることが

できます。

 

自律訓練法につきましては、

何度も行っている内に

コツがつかめて、いつでも

すぐに自己催眠状態に入って、

リラックスすることが

できるようになります。

 

そして、ストレス解消、

集中力増加、心身の痛みや

苦痛の軽減の効果がありますので、

心身の不調を感じたら、

まずは、自律訓練法を

おこなうのがいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-問題解決, 心理療法, 病気と健康, 臨床心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5