幸せの実現 心理学 成功哲学 瞑想と内観 自己実現 輪廻転生 運命と人生 魂の成長

観察者だけが不滅(内観と瞑想とマインドフルネス)

 

観察者だけが不滅ということ

について、解説していきます。

(内観と瞑想とマインドフルネス)

 

内観や瞑想をおこなっていると、

観察者をとらえられるように

なります。

 

マインドフルネスでも同じです。

マインドフルネスは、瞑想を

科学的検証を経て蘇らせた

ものであるからです。

 

そして、内観や瞑想、

マインドフルネスを継続すると、

最終的に分かって来ることが

あります。

 

それは、自分の中に、

観察者がいるということです。

 

それは、ずっとそこにいたし、

これからもずっとそこにいます。

 

その観察者は、

感情を持ちません。

思考を持ちません。

 

そして、平安です。

平安な意識そのものです。

 

その意識は、死ぬことは

ありません。

 

私達の肉体は、60年から

100年そこらで、

簡単に滅びます。

 

物質の原理のただ中に

いるからです。

 

でも、意識という観察者は、

決して滅びることはありません。

 

あなたが死んだとき、

正確には、あなたの肉体が

滅びたとき、観察者だけが

生き延びるのです。

 

そして、生まれ変わりを

繰り返し、他の肉体に

宿っていきます。

 

あなたは、不滅です。

本当のあなたは、死ぬことは

できないのです。

 

何億年、何百億年と

生き続けて来ましたし、

これからも生きていく

ことでしょう。

 

その観察者と一体と

なりましょう。

 

そうすれば、あなたは

不滅です。

 

内観や瞑想をおこなえば、

それができるようになります。

 

まあ、もともと一体だし、

不滅なので、思い出すと

言った方が正確です。

 

 

注目の記事

-幸せの実現, 心理学, 成功哲学, 瞑想と内観, 自己実現, 輪廻転生, 運命と人生, 魂の成長

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5