ゲシュタルト心理学 問題解決 心理療法 臨床心理学

結末を体験させると心の不調が解消する(ゲシュタルト心理学と心理療法)

 

結末を体験させると心の不調が

解消するということについて、

解説していきます。

(ゲシュタルト心理学と心理療法)

 

心の不調の原因の多くは、

未完結のままになっている出来事が、

たくさん深層意識に溜まっている

ことにあります。

 

たとえば、亡くなってしまった

お母さんに「ありがとう」と

言えなかったことが、

ずっと心残りになっていて、

それが心の不調の原因となる

場合もあります。

 

また、愛していた恋人と別れて、

言いたかったことが言えなかった

場合などにも、ずっと心残りになり、

同じように心の不調の原因に

なります。

 

その他、小さい子供さんを

亡くしてしまった母親も、

子供をたくさん抱いて

あげたかったとか、

もっと感謝したかったとか、

もっと一緒に遊びたかったとか、

ごめんねと言いたかったとか、

いろんな未完結の体験が、

心残りになるのです。

 

このように、未完結の体験

というものは、完結していないために、

ずっと心残りになって

解消できないのです。

 

深層意識においても、

「これは、まだ完結していないよ」

というシグナルを発するので、

ついつい気になってしまうのです。

 

そして、未完結の体験が

積み重なってくると、心の病が

発症してしまいます。

 

したがいまして、

ゲシュタルト療法では、今ここで、

未完結の体験を完結させることにより、

心の不調を取り除くという

テクニックを使います。

 

ゲシュタルト療法の主要な

テクニックである

エンプティ・チェアの技法では、

誰も座っていない椅子に、

クライエントが言いたいことがある

人物をイメージしてもらい、

そのイメージの人物に、

言いたいことをぶつけてもらいます。

 

これは、今ここに、

対象となる人物をイメージで

呼び出して、言い切れなかった

ことを言い、完結できなかった

体験を再体験して、しっかりと

完結してもらう療法です。

 

このように、心の奥底に

蓄積された未完結の体験を、

一つ一つ完結させて、

解消していくことで、

心の健康が取り戻せるのです。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-ゲシュタルト心理学, 問題解決, 心理療法, 臨床心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5