問題解決 幸せの実現 成功哲学 生き方 行動規範

人生の複雑な問題にぶち当たったら紙に書き出すと解決しやすい(成功哲学と行動規範)

 

人生の複雑な問題に

ぶち当たったら紙に書き出す

と解決しやすいということ

について、解説していきます。

(成功哲学と行動規範)

 

複雑な問題にぶち当たりますと、

頭の中が混乱し、いろいろ

考えては否定したり、

堂々巡りを繰り返して、

結局、解決策が見つからない

状態となります。

 

この状態になると、

抜け出すことは困難と

なりますので、紙に書き出す

ことをおすすめします。

 

紙に書き出しますと、

問題を客観的に見ることが

できるようになります。

 

また、テストの問題を解決

するように、脳の異なる部分

が動き出すのです。

 

頭の中で考えるだけだと、

堂々巡りばかりしますが、

紙に書き出すと、脳の問題解決

部分が活発に動き出し、

解決策が導かれるのです。

 

高い位置から、俯瞰的に

見ることもできるように

なります。

 

したがいまして、問題を

客観的かつ俯瞰的に見て、

問題解決の脳機能を作動

させるために、紙に書き出す

とよいのです。

 

実際、やってみると、

お分かりいただけると

思いますが、問題がすっきりして、

「あれ?何で、こんな事で

悩んでいたんだろう。

こうすれば、いいじゃん」と、

すんなり答えが出てきたり

します。

 

そして、頭の中で考える

だけの時のような、余計な

感情や不安や心配からも

抜け出して、問題だけを

客観的に見ることができる

ようになります。

 

数学や物理のテストを

解いているような状態で、

人生の複雑な問題に

取り組めるようになる

のです。

 

ビジネスにおきましても、

問題はグラフや文字にして、

目に見える状態にしてから

解決策を出していきますが、

これは、人生の諸問題でも

同じです。

 

目に見える状態にすると、

頭の中でグルグル回っている

だけの状態の時より、

格段に冷静かつ客観的に

見ることができるように

なるのです。

 

 

 

注目の記事

-問題解決, 幸せの実現, 成功哲学, 生き方, 行動規範

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5