心理学 病気と健康 行動規範

行動療法とはどのようなものか(心の健康と治療法)

 

行動療法とはどのようなものか

について、解説していきます。

(心の健康と治療法)

 

主に、神経症などを治療するに

当たりましては、行動療法を

おこなうことが多いです。

 

行動療法につきましては、

あくまでも、行動、すなわち、

目に見えて、体の動きとして

分かる部分を修正していく

療法です。

 

行動療法は、心の内面を分析したり、

心の内面から癒していくという

観点ではなく、あくまでも、

行動だけを見ていくものです。

 

なぜ、行動だけを見ていくのかと

言いますと、行動療法では、

科学的に証明できる行動のみを

対象にし、心の内面や深層意識などの

科学的に分析できない部分には、

注目しないスタンスを取っている

からです。

 

外から観察できない心の内面に

ついては、研究対象としない、

行動主義心理学が元となっている

からです。

 

また、行動療法では、

神経症にかかっている人がおこなう

不適切な行動は、間違って

学習されたか、適切な行動が

学習されていないと考えます。

 

たとえば、不潔恐怖症に

かかっている人は、手を何時間も

洗っても、まだ、手が綺麗に

なったと感じられません。

 

そこで、行動療法家は、

「すでに手は綺麗になっていますよ」

と何度も繰り返し注意してあげます。

 

そうすることによって、

適切な行動を学習し、何時間も

手を洗う行動が、なくなって

いくのです。

 

また、犬の恐怖症にかかっている人は、

小さな犬にも怯えて逃げようとしますが、

この場合も、行動療法家は、

「その小さな犬から逃げないで、

触ってみてください」、

「その小さな犬は、危険ではありませんよ」

と何度も注意します。

 

そうしているうちに、小さな犬は

大丈夫と学習することができて、

次第に、犬の恐怖症も

なくなっていくのです。

 

このように、行動に注目し、

不適切な行動に修正を加えて、

適切な行動を学習させることで、

治療していくのが、

行動療法なのです。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-心理学, 病気と健康, 行動規範

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5