説得と交渉の心理学 販売心理学

細かい数字を使って約束すると強い印象を与えることができる(販売心理学と説得と交渉の心理学)

 

細かい数字を使って約束すると

強い印象を与えることができる

ということについて、解説して

いきます。

(販売心理学と説得と交渉の心理学)

 

セールスにおきましては、

相手に強い印象を与えて、

いかに覚えてもらえるかが

勝負となります。

 

そこで、たとえば、待ち合わせを

15時23分などと細かく約束して、

ぴったりその時間にその場に行けば、

「すごい人だ!」と強い印象を与えて、

しっかりと覚えてもらえます。

 

普通は、15時とか15時半とか、

大雑把に約束するものですから、

細かい時間で約束し、それを

きっちり守っていけば、

普通の人ではないと感じて、

とても興味と関心を覚えて、

噂してくれたりもします。

 

それだけで、客先の会社などで

話題の人になれる可能性がある

ということです。

 

興味と関心を持ってもらえれば、

セールスの話もきちんと聞いて

もらえますし、買ってもらえる

確率も格段に上がるのです。

 

その他、98.32%の確率で

うまくいきますとか、

話のいたるところに、

細かい数値を入れてみましょう。

 

そうしますと、変わった人だなとも

思われて、興味を持ってもらえる

のです。

 

もちろん、適当な数値や嘘の数値を

言ってはいけません。

 

それだと、適当でいい加減な人と

思われてしまいますので、

信憑性のある細かい数値を提示する

ようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-説得と交渉の心理学, 販売心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5