代償の法則 問題解決 幸せの実現 生き方 行動規範 言霊(ことだま) 鏡の法則 陰陽の法則

マイナスの言葉はプラスの言葉に言い換えると前向きになれる(コトダマ)

 

マイナスの言葉はプラスの言葉

に言い換えると前向きになれる

ということについて、

解説していきます。

 

言葉って、言霊(ことだま)と

呼ばれるくらい、強いパワー

があります。

 

ですから、使う言葉を選ぶのも、

運勢に大きな影響を与えます。

 

プラスの言葉を考えたり、

口に出したりするだけで、

やる気が出たり、元気が

出るものです。

 

たとえば、「ピンチはチャンス」

という言葉はよく耳にされると

思いますが、

「やばい、ピンチだ!」とか

「窮地だ。どうしよう」と

言うのではなく、

「これはチャンスだな!」などと、

プラスの言葉を言ったり

考えたりするといいのですね。

 

そうすると、本当にチャンスに

変わってしまうことも

多々あります。

 

他には、「めんどくさい」

という言葉を「トレーニング」

と変えると、面倒なことも

力になるイメージが湧き、

やる気も起きるものです。

 

実際、面倒なことを

頑張ってやり遂げると、

根気と根性がつきますし、

心身ともに強くなれます。

 

そして、人生には

面倒なことがあまりにも

たくさんありますから、

この考え方ができるように

なるだけで、人生をプラスに

変えることができます。

 

このように、プラスの言葉に

変換することで、つらく

面倒なことの多い人生を、

より楽しく積極的に活動する

原動力とすることが

できますので、ぜひ、

やってみてください。

 

特に、ピンチが来たときに、

「ピンチはチャンス!」

「ついに私にもチャンスが来た!」

と思うようにすると、

本当に乗り切る勇気が

湧いてきます。

 

私自身、この言葉に何度か

助けられたものです。

 

実際、ピンチはチャンスに

つながっています。

 

良いことが起きる前には、

必ず、それに見合った

悪いこと、つらいことが

起きるからです。

 

ここには、陰陽の法則、

代償の法則が作用しています。

 

思い出してみてほしいのですが、

とんでもなく嬉しく、

達成感のある素晴らしい

体験の前には、必ず、つらく

面倒で苦しい期間があった

はずです。

 

この世界は、プラスと

マイナスが半分ずつですから、

ピンチの後にはチャンスが

来るのです。

 

逆に、チャンスを発生させる

ために、ピンチがやってくると

言った方が正解かもしれません。

 

いずれにしましても、

マイナスの言葉をそのまま

使うのではなくて、

プラスの言葉に変えて使って

いくと、人生そのものを

プラスに変えていけるという

お話でした。

 

もちろん、ピンチはチャンス、

面倒なことはトレーニング

という言葉以外にも、

色々ありますから、ぜひ、

探してみていただきたいと

思います。

 

 

 

注目の記事

-代償の法則, 問題解決, 幸せの実現, 生き方, 行動規範, 言霊(ことだま), 鏡の法則, 陰陽の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5