NLP実践心理学 生き方 運命と人生

もっと人生を楽しむという気持ちを持つ(NLP実践心理学)

 

もっと人生を楽しむという

気持ちを持つということについて、

解説していきます。

(NLP実践心理学)

 

日本人には特に、

仕事や義務に追われて、

人生を楽しむことが苦手と

言われています。

 

もちろん、最近では、

人生を楽しむゆとりのある人が

増えてきましたが、まだまだ、

人生を楽しむという気持ちを持つ

必要がある人が多いです。

 

仕事も大切だけれど、

それも含めて楽しむと

いうことであり、

義務感に縛られて

毎日暗く深刻な顔をして

生きていかなくてもいいのです。

 

気持ちの持ち方次第で、

どんな物事も楽しめます。

 

NLP実践心理学では、

リフレーミングという

心理テクニックがあるのですが、

物事の枠組みを変えることで、

何でも楽しめるようになるのです。

 

仕事だって楽しめます。

自分を成長させるゲームと

考えたらいいのです。

 

今日は何人笑顔にできたとか、

今日は何人に感謝されたとか、

ポイント制にしてゲームにして

楽しんでしまったらいいのですね。

 

リフレーミングという、

物事に対する枠組みと考え方を

変える手法を使えば、

何だって楽しめます。

 

苦労だって、楽しめるし、

面白みが出てくるのです。

 

つらく苦しい事だって、

何年か経てば、よい思い出に

なりますしね。

 

以上、もっと人生を楽しむという

気持ちを持つというお話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-NLP実践心理学, 生き方, 運命と人生

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5