人間関係 幸せの実現 生き方 社会の発展

社会の発展には深く広く人と人がつながる必要がある

 

社会の発展には深く広く

人と人がつながる必要がある

ということについて、

解説していきます。

 

社会は人と人とのつながりで

構成されています。

 

社会って、実は頭の中で

創造されたものであり、

現実には無数の人間が

存在して生活しているだけです。

 

そして、人と人が集まって、

頭の中で多くのルールや

取り決めを行って、言葉という

ツールを使って、社会という

仮想現実が構成されている

わけです。

 

ですので、社会が発展するには、

より深く広く人と人がつながる

必要があります。

 

お互いの頭の中で、ルールや

取り決めを更新するために、

言葉のやり取りが必要と

なるからです。

 

また、心と心のつながりも、

社会の構成要素となっています。

 

社会って、人と人の心が

つながってできたものとも

言えるのです。

 

したがいまして、人と人の

つながりを濃くする人は、

社会の発展に貢献することに

なります。

 

社会が発展すると、みなが

精神的にも物質的にも豊かに

なりますからね。

 

そのため、人と人のつながりを

濃くする人は、たくさんの徳を

積む事ができるのです。

 

徳は、人気を構成するエネルギー

でもありますから、人と人の

つながりを濃くする人は、

人気者となっていきます。

 

人と人をつなげるのは、

愛の働きです。

 

愛情深き人は、人をつなぎ

多くの徳を積んでいき、

人気者となっていくと

いうことです。

 

したがいまして、

我々としましては、愛を持って、

世の中に働きかけ、

人と人のつながりを濃くする

ことができるよう、色々と工夫

していくと良いということです。

 

SNSでコミュニティを作るのも

良いですし、サークル活動を

おこなうのも良いでしょう。

 

仕事仲間でつながりを深めるのも

良いです。

 

誰かと誰かの出会いを増やすため、

人を紹介するのも大切です。

 

紹介して、人と人をつなぐ

行動をするのも、徳を積む行為

となります。

 

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 幸せの実現, 生き方, 社会の発展

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5