販売心理学

限定の効果をセールスで応用するテクニック(販売心理学)

 

限定の効果をセールスで

応用するテクニックを紹介して

いきます。(販売心理学)

 

人は誰しも、限定の商品に

弱いものです。

 

たとえば、期間限定、会員限定、

女性限定、初回限定など、

限定つきの商品のことです。

 

なぜ、限定がついていると

買いたくなるのかと言いますと、

限定された希少性の高いものであり、

入手困難になるため、より欲しく

なるからです。

 

人間誰しも、手に入らなくなるかも

しれないと思うと、何とかして

手に入れようと燃え上がる心理を

持っています。

 

したがいまして、セールスで

物を売れやすくするためには、

商品に限定をつけるとよいのです。

 

もし、限定のない商品であるならば、

営業部長に提案して、

何らかの限定をつけてもらう

ようにしてください。

 

たとえば、何月何日までに

購入してくれた方限定で1割引とか、

私から購入してくれた方限定で、

●●という特典をお付けしますとか。

 

また、商品を作る場合にも、

初回限定の特典とか、

期間限定の特典や機能をつける方が

売れやすくなるのです。

 

したがいまして、限定付きの

商品を作ってみたり、色々と

工夫してみてください。

 

この限定の効果は、人間心理を

確実に揺さぶりますので、

使うと使わないとでは、売り上げに

大きな差が出ます。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-販売心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5