鏡の法則 引き寄せの法則 瞑想と内観 マインドフルネス アカシックレコード

寝る直前は顕在意識から潜在意識に切り替わる時間(自己暗示と引き寄せの法則)

 

寝る直前は顕在意識から

潜在意識に切り替わる時間と

いうことについて、

解説していきます。

(自己暗示と引き寄せの法則)

 

寝る直前は、

大変貴重な時間です。

 

なぜなら、寝る直前は、

顕在意識から潜在意識に

切り替わる時間だからです。

 

顕在意識とは、日中、

我々人間が起きていて、

しっかりと認識もしている

意識です。

 

コントロールもしやすい意識

であります。

 

また、潜在意識とは、

心の奥底にある意識であり、

なかなか把握しづらく、

しかも広大なエリアを

持っている意識です。

 

実は、潜在意識には、

ものすごいパワーがありまして、

物事を現実化してしまうような力

もあったりします。

 

潜在意識の方が大きくて、

その巨大な氷山の実態の中で、

海の上にちょっぴり出ている

部分が顕在意識という感じで

イメージしていただければと

思います。

 

そして、ここで覚えておいて

ほしいのは、人生における実権は、

潜在意識が握っていると言っても

過言ではないということです。

 

我々の人生は、

顕在意識を使って全てコントロール

できているかと言いますと、

全くそんなことはなく、多くは

潜在意識に操られています。

 

また、目に見えない潜在意識ですが、

人類全体の集合意識や霊界とも

つながっておりますから、

それはそれは強いパワーを秘めた

意識であります。

 

この潜在意識は、普段は、

コントロールなどできず、

その影響を自然と受けてしまって

いるものです。

 

しかしながら、この潜在意識を

上手に活用できるようになると、

潜在意識からの強力な力で、

人生を変えていくことができます。

 

そこで、潜在意識を上手に

コントロールしていく方法が

必要になるのですが、その方法とは、

自己暗示です。

 

自己暗示をかけ続けておりますと、

だんだんと潜在意識に刻印されまして、

刻印された内容は、現実化して

いくようになっています。

 

引き寄せの法則と呼ばれている

のですが、我々人間が常に考えたり

イメージする事は、やがて

現実世界に投影されて、

現実化するようになっています。

 

それが、自己暗示をかけ続ける事で、

人生を思うようにコントロール

できる理由です。

 

また、自己暗示とは、たとえば、

明るい性格になりたいのであれば、

「私は、明るい性格になった」と

完了形で自分につぶやいたり、

考えればいいということです。

 

そして、寝る直前は、

顕在意識から潜在意識に

切り替わる時間ですので、

自己暗示の効果が非常に高い

という事なのです。

 

この時間に自己暗示をかけると、

潜在意識にしっかりと刻印されます。

 

ですから、引き寄せの法則を

実践される方は、寝る直前の

自己暗示を重要視してください。

 

その時に、望む将来像を

イメージして眠るのです。

 

ちなみに、眠るとは、

顕在意識がお休みして、

潜在意識にバトンタッチする

時間です。

 

夢も潜在意識からのお知らせ

であることが多いです。

 

以上、寝る直前は顕在意識から

潜在意識に切り替わる時間と

いうお話でした。

 

 

-鏡の法則, 引き寄せの法則, 瞑想と内観, マインドフルネス, アカシックレコード

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5