人間関係 生き方 友人関係 男女関係 社会心理学

人間関係では自分の欠点を隠さず欠点をさらけ出す方が好感を持たれる(長所と短所、人間関係)

 

人間関係では自分の欠点を隠さず

欠点をさらけ出す方が好感を

持たれるということについて、

解説していきます。

(長所と短所、人間関係)

 

人間関係では、どちらかと言うと

自分の欠点を隠さない方が

いいですね。

 

なぜなら、欠点をさらけ出す方が

好感を持って受け入れてもらえる

からです。

 

どういうことかと申しますと、

意外にも人は、他人の欠点には

寛容であるのです。

 

それは、どうしてかと言いますと、

人間誰しも欠点を持っており、

全ての人が自分自身の欠点と

いつも向き合っているからです。

 

誰でも、人間は、欠点という

存在には慣れてる人が多い

ということです。

 

そのため、自然体で、

自分の欠点すら隠さないで

大っぴらにさらけ出せる人は、

逆に多くの人に好感を持たれる

場合が多いということです。

 

実際、欠点を隠して、

完璧な人間を演じたとしても、

周囲は違和感を感じて、

近寄りがたいと思うのです。

 

しかし、自然体であけっぴろげで

ありましたら、共感を覚えるし、

何よりも安心感があるため、

好意を覚えるということです。

 

欠点を見た時、人は、

自分に似た感覚を覚えます。

 

この人も、自分と同じように、

欠点を持った人間なんだと、

心の奥底で納得し、

安心するのです。

 

ただし、欠点の中で、

暴力とか攻撃性が強いとか、

嘘ばかりつくといった、

他者に迷惑をかける欠点は、

例外となります。

 

そこまで迷惑をかけられると

なると、その欠点を見た時点で、

気持ちが引いてしまい、

関わりたくなくなるからです。

 

そうではなくて、普通の人が

できることができないとか、

ミスするとか、何か他の人とは

異なる点があるとか、恥ずかしい

秘密があるとか、そのようなことは、

許容してもらえるということです。

 

ですので、暴力や詐欺、

攻撃性といった過激な欠点で

なければ、自然体で、

さらけ出していく方がいい

ということです。

 

思った以上に、人って、

欠点を許してくれるものですから、

自分をさらけ出した時に、

拍子抜けすることでしょう。

 

以上、人間関係では

自分の欠点を隠さず欠点を

さらけ出す方が好感を持たれる

というお話でした。

 

 

-人間関係, 生き方, 友人関係, 男女関係, 社会心理学

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5