人間観察 販売心理学

人間誰しも身内には甘いので身内になるよう努力する(販売心理学)

 

人間誰しも身内には甘いので

身内になるよう努力するということ

について、解説していきます。

(販売心理学)

 

人間誰しも、自分の身内には

気を許しておりますし、

身内には甘くて、身内の頼みは

聞いてあげようという気持ちに

なります。

 

身内というグループの中では、

自分の延長となる味方達がいて、

いかに仲良くしていけるかを

努力しあっているからです。

 

したがいまして、お客さんの

身内になれれば、商品は売れるし、

契約は取れるのです。

 

しかしながら、本当の身内になる

のは、なかなか難しいでしょう。

 

それでも、全くの身内には

なれなくても、準身内くらいには

なれます。

 

いつもカラオケや飲み会や

食事会といった行事などに

積極的に参加する営業担当などは、

すでに準身内になっています。

 

頻繁に出入りして、

相手の会社の社員さんたちに

顔を覚えてもらっていて、

「やあ、○○さん、また来たの」

などと声をかけてもらえるまでに

なっておりましたら、これも準身内と

呼べるでしょう。

 

そして、準身内にでもなれれば、

提案や商品の紹介も笑い話を

交えて聞いてくれますし、

「たまには買ってあげるよ」

などと言いながら、本当に買って

くれることもあります。

 

人間心理においては、

見知らぬ赤の他人にお願いされると

120%断ろうとしますけれど、

身内からお願いされたら、

何とか聞いてあげようとする

心理状態となるのです。

 

したがいまして、セールスに

おきましては、できるだけ

相手の懐に飛び込んでいきまして、

身内になれるよう努力すると

いいのですね。

 

以上、人間誰しも身内には

甘いので身内になるよう努力する

というお話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間観察, 販売心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5