恋愛心理学 男性と女性

恋愛では最初の3年間はホルモンの影響で相手の本性が分からない(恋愛心理学)

 

 

恋愛では最初の3年間は

ホルモンの影響で相手の本性が

分からないということについて、

解説していきます。

(恋愛心理学)

 

恋愛が始まり、相手を好きになって

愛し始めると、恋愛ホルモンが

脳内に分泌され始めます。

 

このホルモンは、

PEA(フェニルエチルアミン)と

呼ばれるものであり、

脳下垂体から分泌されて、

性的興奮と快感を司る

神経伝達物質として機能する

ものであります。

 

この恋愛ホルモンが

分泌されている場合は、

まさに熱病にかかっているか

のごとく、相手のことが

好きで好きでたまらないし、

相手の良い面しか

見えなくなります。

 

よく、恋愛が熱病に例えられますが、

この恋愛ホルモンが、その原因で

あったのですね。

 

ただし、この恋愛ホルモンは、

およそ3年前後で分泌されなく

なってしまうことが

分かっています。

 

もちろん、個人差はありまして、

早ければ、1年で分泌が

終わってしまうこともあります。

 

したがいまして、恋愛の最初の

1年~3年ほどは、お互いに

好き好きと強く愛し合うのですけれど、

その後は、一気に熱が冷めてしまう

ということを知っておいてください。

 

その後は、冷静に、お互いを

人間として観察し始めるのです。

 

そのため、熱が冷めた後に、

相手の色々な欠点が見えてくる

ということです。

 

恋愛中は、男女お互いに、

「この愛は永遠」と言い合います。

 

でも、恋愛ホルモンの分泌は

永遠ではありませんので、

あらかじめ知っておいた方が

良いでしょう。

 

愛を本当に永遠にしたいなら、

恋愛感情のみならず、

人間として尊敬しあい、

人間として高めあい、認め合う、

そんな関係になっておく必要がある

ということです。

 

もし、恋愛の熱病期間が終わっても、

人間として認め合い、尊敬し合って

おりましたら、その関係は穏やかに、

ずっと続いていくのです。

 

また、心からの愛、魂の結びつきで

ありましたら、熱病期間が終わっても、

ずっと続いていきます。

 

したがいまして、我々の恋愛は、

3年間の試験期間を設けられていると

考えることもできるでしょう。

 

このことを考えましたら、

恋愛が開始されてから、3年間は、

すぐに結婚してしまわない方が

良いのかもしれません。

 

そうすると、

本当の魂からの愛なのか、

人間として認め合い尊敬しあう

本当の愛なのかを確かめることが

できるからです。

 

まあ、そうは言っても、

そんな悠長なことを言って

いられる人は少ないかと

思います。

 

また、男女の本能が、

男女を結びつけるシステムとして

脳内に恋愛ホルモンを出す

機能を作り出してきたのですから、

それに従うのも良いでしょう。

 

いずれにしましても、恋愛の熱病は、

1~3年で冷めてしまうということを

知っておいてください。

 

その期間の間に、お互いが

人間性を磨きあい、認め合い、

尊敬しあう関係になれれば

理想ですね。

 

ちなみに、このホルモンが

分泌されなくなる影響で、

3年目の浮気が発生しやすく

なります。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-恋愛心理学, 男性と女性

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5