輪廻転生 鏡の法則 カルマの法則 因果の法則 人間関係

他者を嘲笑した人は後に必ず自分が嘲笑される環境に置かれる(鏡の法則、因果の法則)

 

他者を嘲笑した人は後に必ず

自分が嘲笑される環境に置かれる

ということについて、

解説していきます。

(鏡の法則、因果の法則)

 

決して、他者を嘲笑しては

いけません。

 

なぜなら、嘲笑する事で

相手の尊厳を踏みにじり

深く傷つけるからです。

 

また、鏡の法則、因果の法則、

カルマの法則の作用により、

自分にも後で返ってきて、

必ず自分も嘲笑される状況に

置かれるからです。

 

相手も自分も傷つけ、

不快にするのですから、

嘲笑には、害悪しか

ありません。

 

何のメリットもありませんから、

嘲笑は一切しないよう、

覚悟を決めましょう。

人生に、嘲笑など不要です。

 

また、嘲笑するのは

相手の痛みが理解できない

からであり、魂の成長レベルも

非常に低い事が分かります。

 

なぜなら、魂のレベルが

高くなれば、相手の痛みすら

分かるようになるし、

理解できるようになるからです。

 

さらには、嘲笑のカルマは、

神様からも非常に嫌われて

おりますから、絶対に許して

もらえません。

 

自分も同じ目に遭うまで、

そのカルマは解消されないのです。

 

嘲笑のカルマの怖いところは、

輪廻転生にまで影響を与える場合が

あるということです。

 

たとえば、身体が不自由な人がいて、

その相手を嘲笑し続けたとします。

 

すると、生まれ変わりによる

次の人生では、生まれつき

身体が不自由な子供としての人生を

送らされることもあります。

 

そして、周囲から嘲笑され続けて、

カルマを解消する場合もあるのです。

 

眠れる預言者として有名な

エドガーケイシーのリーディングにも、

似たような輪廻転生のお話が

ありました。

 

いずれにしましても、

嘲笑しても誰も得する事はなく、

自他ともに傷つくばかりですから、

決して嘲笑しないように

注意してください。

 

嘲笑するのではなく、なぜ、

そのような状況に陥ったのか、

相手に対して理解を深めると

良いでしょう。

 

必ず、やむを得ない事情が

あったりするものであるからです。

 

以上、他者を嘲笑した人は

後に必ず自分が嘲笑される環境に

置かれるというお話でした。

 

 

-輪廻転生, 鏡の法則, カルマの法則, 因果の法則, 人間関係

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5