出来事言語 引き寄せの法則 鏡の法則

常に「私は幸せ」と考えている人は些細な事にも幸せを感じる(鏡の法則と引き寄せの法則)

 

常に「私は幸せ」と考えている人は

些細な事にも幸せを感じるということ

について、解説していきます。

(鏡の法則と引き寄せの法則)

 

この世界には、鏡の法則、

引き寄せの法則が流れておりますから、

心の内面に存在する自己イメージは、

やがて実現していきます。

 

ですから、常に「私は幸せ」と

考えている人には、幸せなことが

たくさん現実化していきます。

 

その現実化の過程で、

些細な事にも幸せを感じる

ようにもなります。

 

それは、「私は幸せ」という

自己イメージが成就する際の

一つの現れです。

 

常に「私は幸せ」と考えている人

には、実際に幸せな出来事が、

数多くやってくるのですが、

それと並行して、些細なことにも

幸せを感じられるようになります。

 

その結果、本当に幸せな状態を

手に入れることができるように

なるのです。

 

逆に「私は不幸」と常に

考えている人は、鏡の法則や

引き寄せの法則の作用により、

本当に不幸な出来事を引き寄せる

ようになります。

 

また、些細な事にも

不幸を感じるようになります。

 

それも、「私は不幸」という

自己イメージが成就する一つの

現れとなります。

 

本当に不幸な出来事が数多く

やってくると同時に、

些細なことにも不幸を感じる

ようになってしまうと

いうことです。

 

ここで注目すべき点は、

全く同じ出来事に遭遇しても、

一方は幸せを感じ、

一方は不幸を感じるという事です。

 

出来事そのものは無色透明と

言われますが、それを解釈し

意味付けするのは人間です。

 

ですから、常に「私は幸せ」と

考えて、そのようなプラスの

自己イメージを持ちながら

生活していくのが、何よりも

大切であるということです。

 

以上、常に「私は幸せ」と

考えている人は些細な事にも

幸せを感じるというお話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-出来事言語, 引き寄せの法則, 鏡の法則

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5