代償の法則 富を得る 徳を積む 成功哲学 豊かさの獲得 金運を増やす

勤め人が豊かになりたいなら給料の倍、働くよう心がける(徳と金運を積む生き方)

 

勤め人が豊かになりたいなら

給料の倍、働くよう心がける

ということについて、

解説していきます。

(徳と金運を積む生き方)

 

経済的に豊かになるためには、

やはり、世の中にそれ相応の

価値を与える必要があります。

 

世の中に与えた価値が、

報酬として返って来るからですね。

 

ですから、勤め人が

豊かになりたいなら、

給料の倍、働くよう

心がけると良いでしょう。

 

もちろん、残業しまくれと

言っているのではありません。

 

働く時間を増やすのではなく、

より高い価値を与えるようにする

ということです。

 

高い価値を与えようと思ったら、

どうすればいいかをしっかりと

勉強しないといけないし、

自己投資が必要です。

 

そして、受け取った給料以上の

価値を与えることができたら、

それは金運としてオーラに

蓄積されます。

 

すると、時が来れば、思わぬ形で、

お金や相応の価値を受領できる

からです。

 

逆に、給料以下の仕事をしていると、

どんどん金運が減っていきます。

 

たとえば、適当に仕事をして、

15万円分の価値の仕事しか

していないのに、30万円の給料を

もらっているとしましたら、

毎月、15万円分の金運が減少して

いくということです。

 

その結果、いずれ給料を

減らされたり、クビになって

転職した所が安い賃金であったりなど、

ジリ貧になっていくのです。

 

したがいまして、仕事もせずに

適当に働いて、より多くの給料を

もらおうとする考え方は、

改めないといけません。

 

実は、そのような考え方が、

もっとも金運を減らして

しまうからです。

 

以上、勤め人が豊かに

なりたいなら給料の倍、

働くよう心がけるという

お話でした。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-代償の法則, 富を得る, 徳を積む, 成功哲学, 豊かさの獲得, 金運を増やす

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5