人間関係 雑談の活用

雑談ではお互いの共通事項を探り、そこを攻めると良い(雑談の活用と人間関係の構築)

 

雑談ではお互いの共通事項を探り、

そこを攻めると良いということ

について、解説していきます。

(雑談の活用と人間関係の構築)

 

雑談が盛り上がるのは、

お互いの共通事項が話題に

なった時です。

 

すなわち、お互いに

同じ体験をしていたり、

同じような考えを持っていたり

することが分かると、

とても雑談が盛り上がるのです。

 

相手が自分と同じ体験を

していたことが分かれば、

その話題に持ち込むと

非常に楽しく興味深い雑談

ができます。

 

たとえば、旅行なら、

「あなたもハワイに行ったこと

あったんですね!」と

共通体験を発見したら、すかさず、

その話題に持ち込むのですね。

 

お互いに行ったことのある

旅行先が分かりましたら、

その話題で大いに盛り上がる

ことが可能です。

 

たとえば、スポーツなら、

「テニスにハマってましてね」

「ええ、奇遇ですね!私も学生時代に

テニスやってたんですよ!」と

意気投合すれば、話題は大いに

盛り上がるし、急激に人間関係も

深まって、親友になることも

可能です。

 

したがいまして、出身地、

仕事内容、学校、趣味、クラブ活動、

過去、年代などなど、あらゆる面で

相手と共通事項がないかを

探りつつ雑談を進めると

良いのです。

 

そして、共通事項が

見つかりましたら、そこを

一気に攻めるのが雑談道の

セオリーです。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間関係, 雑談の活用

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5