人間観察 人間関係 恋愛心理学 社会心理学 職場の心理学

長文のEメールを何度も送ってくるのは好意の証(人間関係と恋愛心理学)

 

長文のEメールを何度も

送ってくるのは好意の証と

いうことを解説していきます。

(人間関係と恋愛心理学)

 

ときどき、あなたに対して、

長文のEメールを送ってくる人は、

いないでしょうか。

 

また、何度も何度も送ってくる人は、

いないでしょうか。

 

長文のEメールを書くには、

ずいぶんとエネルギーが必要です。

 

そして、何度も送ってくる

ということは、さらにエネルギーが

必要となります。

 

したがいまして、あなたに対して、

長文のEメールを何度も送ってくる人は、

これだけのエネルギーをあなたに

投入できるということであり、

恨みやクレームのメールでない限り、

あなたに好意を持ってくれていると

判断してください。

 

膨大なエネルギーが発生する時を

考えますと、強い恨みや文句を

言いたい時か、逆に、好意を持って

いる時ですからね。

 

もちろん、長文のEメールだから

といって、宣伝や広告、スパムメールも、

ここでは除外して考えてください。

 

仕事や友人など、

普段付き合っている人から、

長文のEメールを何度も

送ってくる場合は、

異性であれば脈アリですし、

同性であれば、あなたを尊敬

しているか、親しく感じて

くれているのです。

 

仲良くなりたいという

強いエネルギーの表れです。

 

ですので、長文のEメールを

何度も送ってくる人に対しては、

こちらも同じように、

長文のEメールで気持ちを込めて

返してあげるといいでしょう。

 

そして、あなた自身も、

その人に好意を持っている

のであれば、

日常におきましても、

その人に、より多く接触し、

せっかくですから、

良い人間関係を築いていくと

いいですね。

 

ただし、あなたから見て、

その人が嫌な人、嫌いな人で

あった場合は、少々大変ですけどね。

 

まあ、人から好かれるのは

いいことですから、嫌いと

思っていても、簡単な返事くらいは、

Eメールで返しておきましょう。

 

嫌いと思っていても、

実はいい人で、あとで好きになる

場合もありますし、

人生におきましては、

意外なところから幸運や

チャンスがめぐってきますから、

嫌いだからと言って、

完全に拒否するのは、

あまりおすすめできません。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間観察, 人間関係, 恋愛心理学, 社会心理学, 職場の心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5