人間関係 瞑想と内観 マインドフルネス

自他の境界をなくす事が人間関係を最良にする奥義(瞑想とマインドフルネス)

 

自他の境界をなくす事が

人間関係を最良にする奥義

ということについて、

解説していきます。

(瞑想とマインドフルネス)

 

人間関係を最良にする奥義は、

自他の境界をなくす事です。

 

なぜなら、人間関係が深まるのは、

自他の境界という壁であるからです。

 

親切心とは、愛とは、

相手を自分と認識する事で、

自然と湧いてくるものです。

 

相手と自分が一つであり、

相手は自分そのものとなったら、

それはもう、まるで相手を

自分のように可愛がるし、

大切にするのです。

 

ちなみに、恋愛感情とは、

相手と精神的にも肉体的にも、

ひとつになりたいという

感情です。

 

また、友情についても、

相手と心を一つにして

歩んでいきたいという

感情です。

 

ですから、相手と一つに

なりたい感情が、愛であり

親切心であり友情、恋愛

であるということです。

 

そして、相手と一つに

なるためには、自他の境界が

邪魔になるということで

あります。

 

人間関係が円満で、

しかも色んな人と簡単に

仲良くできる人は、

自他の境界がなかったり、

少なかったりします。

 

自他の境界がないので、

相手を自分の事のように

思えるし、大事にできるのです。

 

また、自他の境界がないので、

相手は自分みたいなもの

であるから、警戒もしないし

恐怖も感じないのです。

 

このように、自他の境界が、

本当に深い人間関係を

構築するための壁となることが、

お分かりいただけると思います。

 

では、この自他の境界を、

どうすれば減らしたり、

なくしたりできるのでしょうか。

 

生まれつき、もともと

自他の境界がなくて、

誰とでも仲良くなれる人が

いますね。

 

でも、たいていの人は、

自他の境界が明確で、強固であり、

他者が入って来るのを拒否

したりします。

 

それで、本当の友人や恋人、

仲間ができにくくて、

孤独になったりします。

 

そこで、自他の境界を

なくしたいという方は、ぜひ、

瞑想やマインドフルネスを実践し、

継続していただきたいと

思います。

 

瞑想やマインドフルネスを

行いますと、雑念ばかりか、

無駄な価値観や根本論理、

おかしな信念なども消していく事が

できるのです。

 

瞑想やマインドフルネスは、

心を観察する技法です。

 

客観的に心の動きを観察する事で、

心の闇の部分を焼き尽くす事が

できます。

 

また、心を観察し続けることで、

心の動きの実相を深く理解する

ことができます。

 

そして、

瞑想やマインドフルネスを

継続しておりましたら、

自他の境界が徐々に

崩壊していくのです。

 

ちなみに、我々人間は、

それぞれ神様からの分け御霊を

もらっているので、

心の奥深くでは、みな

つながっているのです。

 

瞑想やマインドフルネスを

続ける事で、心の奥では

皆つながっていることも

認識できるようになります。

 

これに全身全霊で気づくと

自他の境界は崩壊します。

 

他者を自分と同じ様に

大切にできるように

なるのです。

 

以上、自他の境界をなくす事が

人間関係を最良にする奥義

というお話でした。

 

 

-人間関係, 瞑想と内観, マインドフルネス

© 2022 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5