人間観察 人間関係 外見心理学

権威ある制服を着た人の指示には従ってしまう(外見心理学)

 

権威ある制服を着た人の指示には

従ってしまうということについて、

解説していきます。(外見心理学)

 

人間誰しも、警察官の制服を

着ていたり、ガードマンの制服を

着ていたりすると、その指示に

従ってしまうものです。

 

このように、権威のある制服を

着た人の指示には、ついつい

従ってしまうのです。

 

心理学者のバックマンは、

普通の服装をした人と、

ガードマンの制服を着た人に、

それぞれ、道行く人に

「ゴミを落としたので拾ってください」

と指示を出させるという実験を

おこないました。

 

その結果、普通の服装をした人

の指示は、ほとんどの人が

無視したのに対して、

ガードマンの制服を着た人からの

指示に対しては、実に、

83%もの人が、その指示に

従いました。

 

このように、制服が人に与える

心理というものは、非常に

大きなものであるということを

ご理解いただきたいと思います。

 

以前、警察官の制服を着て、

詐欺をおこなう犯罪が多発

しましたが、これも、

制服の心理的効果を利用した

犯罪ですよね。

 

したがいまして、

職業上の権威や影響力を

行使するのであれば、

しっかりと制服を着ることが

大切となります。

 

警察官のような権威がない

普通のビジネスマンでも、

上司が半袖シャツなどのラフな

格好をしていると、

部下に舐められるという報告も

ありますので、服装は、

しっかりしたものを着用する

必要があります。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間観察, 人間関係, 外見心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5