説得と交渉の心理学 販売心理学

交渉では相手が断る理由を全て肯定してしまえばよい(販売心理学と説得と交渉の心理学)

 

 

交渉では相手が断る理由を

全て肯定してしまえばよいと

いうことについて、解説して

いきます。

(販売心理学と説得と交渉の心理学)

 

相手に何かを依頼したり

お願いしたり交渉する場合は、

相手が断る理由を全て肯定して

しまうと説得しやすくなります。

 

具体的に言いますと、

「忙しい」と言われれば、

「忙しいからこそ、いいんですよ」

「予算が少ない」と言われれば、

「予算が少ないからこそ、いいんですよ」

「知名度がない」と言われたら、

「知名度がないからこそ、いいんですよ」

といったように、何でもかんでも

肯定して、OKです、問題ありませんと

言ってしまえばいいのです。

 

そうしますと、断る理由が

断る理由ではなくなりますので、

非常に断りにくくなって、

「そこまで言うなら、まあ、やってみようか」

とOKしてくれるようになるのです。

 

交渉においては、相手が断る理由を

全て肯定してしまえばOKせざるを

得ない状況に追い込めますので、

ぜひ、試してみていただきたいと

思います。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-説得と交渉の心理学, 販売心理学

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5