リーダー論 人間関係 心理学 成功哲学 社会の発展

ラポール(信頼関係)を作らないと部下は動かない(仕事の人間関係)

 

ラポール(信頼関係)を

作らないと部下は動かない

ということについて、

解説していきます。

(仕事の人間関係)

 

人間の無意識は、

安全と安心を強く求めます。

 

そして、安全と安心を

感じることができない相手

には、心を開くことは

ありません。

 

したがいまして、部下が

上司に心を開いていなければ、

話を深く聞いてくれないし、

指示に従うことはないのです。

 

もし、指示に従ったとしても、

うわべだけで、実際には、

手を抜いたりサボったりします。

 

また、心には、強い拒否感と

反抗心を持っています。

 

では、どうすれば、

安全安心を感じてくれて、

上司の言うことを部下が

しっかりと聞いてくれる

のでしょうか。

 

それは、ラポール(信頼関係)

を作っていくといいのです。

 

簡単に言いますと、

あなたのことをたくさん

話して知ってもらうと

いいのです。

 

また、食事や宴会など、

同じ体験を共有するのも

いいでしょう。

 

なぜかと言いますと、

人間は誰しも、「未知のもの」、

「よく分からないもの」に

恐怖を感じるからです。

 

ですので、あなたのことを

たくさん話したり、

同じ体験を共有して、

「あ、この人はこういう人だったんだ!」

と思ってもらえれば成功です。

 

そうしますと、あなたのことを

良く知りますから、未知のものや、

よく分からないものではないため、

恐怖心がなくなり、安全と安心を

無意識が感じ取るからです。

 

そして、恐怖心がなくなれば、

心を開いてくれて、

上司のいうこともよく聞いて

くれるし、指示にも素直に

従ってくれるように

なるのです。

 

まとめますと、上司が

部下に話を聞いてもらい、

指示に従ってもらうためには、

自分自身をさらけ出して、

自分について話をたくさんし、

同じ体験を共有することで、

恐怖感を取り除いてあげる

ことが大切ということです。

 

 

 

注目の記事

-リーダー論, 人間関係, 心理学, 成功哲学, 社会の発展

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5