人間観察 心理学 性格診断

特定の嗜好品ばかり愛好する人の心理学

 

特定の嗜好品ばかり愛好する

人の心理学について、

解説していきます。

 

俗に、愛好家と呼ばれる人

がいますが、この多くの場合は、

尊敬している人や憧れている人と

同じメーカー、同じブランドの

ものだけを愛好するという人達です。

 

このような人たちは、

憧れる人と同じ物を所有し、

味わうことで、憧れる人に

近づけたと満足感を

抱いているのです。

 

そして、それ以外のメーカー、

ブランドは拒絶し、

「○○じゃないと駄目なんだ」

と口にします。

 

また、なぜ特定の嗜好品だけを

愛好するのかを直接聞いてみると、

かなり奥深い歴史や経験を

ストーリとして語ってくれる

こともあります。

 

たとえば、ずっと好きだった人が

今は会えなくなってしまったけど、

赤いワインが好きだったので、

今もワインを飲むときは

赤いワインしか飲まないなど。

 

いずれにしましても、

特定の嗜好品を愛好する人は、

こだわりが強い性格の持ち主で、

趣味や嗜好が長く継続する

粘着質のタイプと判断できます。

 

また、憧れる人の真似をしているか、

過去の体験から、自分はこれしか

愛好しないと決めたかのどちらか

であることが多いです。

 

そして、このようなこだわりの

強い人は、頑固な性格を持っていますが、

他にも色々と、こだわりを持っていて、

個性的で楽しい人でもあります。

 

したがいまして、こだわりが強すぎて

衝突してしまうようであれば敬遠し、

こだわりが、いい感じで個性的な人と

なっている場合は、積極的に関わっていくと

お互いの人生にプラスになるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

注目の記事

-人間観察, 心理学, 性格診断

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5