引き寄せの法則 心理学 成功哲学 生き方 行動規範

失うことを恐れていると本当に失う(鏡の法則)

 

失うことを恐れていると

本当に失うということに

ついて、解説していきます。

 

何かを失ったらどうしようと

不安になったり、心配したり、

恐れ続けておりますと、

本当に失う現実がやってきます。

 

なぜなら、鏡の法則の作用により、

常に考えていることは、

現実化するからです。

 

引き寄せの法則とも呼ばれ、

常に想い続ける事は、現実に

引き寄せられてしまうのです。

 

そのため、毎日、失うことを

恐れてばかりいたら、残念ながら、

本当に失う結果となって

しまうのです。

 

したがいまして、

失うことへの不安、心配、恐れは、

抱かないように、思考の制御、

想念の制御が大切となります。

 

天は、心配や不安、恐怖

という感情を嫌います。

 

様々な悪い出来事も、

ほとんどが、それらの感情や

想いから生まれるからです。

 

ですから、心配せず、

不安を抱かず、恐れずに、

もっと前向きな思考に

していく必要があります。

 

実際、心配ばかりしているから、

幸せになれないし、物事を達成

できないのです。

 

もし、人生から心配する心が

なくなれば、何でもうまく

いくようになります。

 

人生がうまくいかなかったり、

災難に巻き込まれるのは、

心配する心が原因であることが

ほとんどです。

 

ですので、ぜひ、心配する

心の撲滅に、取り組んで

いただきたいと思います。

 

心配する心を減らせば減らすほど、

人生は明るくなり、良いこと

楽しいことが多く発生するように

なります。

 

あなたの周囲にもいると

思います。

 

いつも「病気になったらどうしよう」

と言ってばかりの人が、本当に

病気になってしまったとか、

「失敗したらどうしよう」と

常に言っている人が本当に

失敗したりなど。

 

したがいまして、心配は

しなくていいのです。

 

「心配はもうしないぞ!」と、

ぜひ、誓っていただきたいと

思います。

 

 

 

注目の記事

-引き寄せの法則, 心理学, 成功哲学, 生き方, 行動規範

© 2021 牧村和幸の自己啓発ブログ Powered by AFFINGER5